交通事故の後遺障害と向き合う

平成28年における日本の交通事故の発生数は49万件という膨大な件数となっています。これは1分間に1件発生している計算です。この中には死亡事故や重傷事故も含まれております。死亡事故や重傷事故はいつ、どこで、どのように起きるか分からないということがこの数字を見てお分かりいただけると思います。最近では車に事故の発生や被害を食い止める為の機能が備わっており、事故数は減少していると言われていますが、それでも年間49万件もの事故が発生しているのも事実です。どれだけ注意したり、高機能な自動車の力を借りたりしたとしても、このような事故は起こりえます。

また事故の発生の一番大きな原因は人のミスによるものであるため、どれだけ機械が発展しようと交通事故そのものを食い止めることはできないと思います。交通事故は必ず何らかの被害が出ます。亡くなることや重傷や軽傷を負うことは避けられません。また事故後の後遺症の発生もあります。下肢機能障害という単語を聞いたことや目にしたことがあるでしょうか。

これは事故によって下肢と呼ばれる股関節・ひざ関節・足関節、足指の4つの部分に機能障害を持つことです。この障害は交通事故の重傷事故によって引き起こされることが多くあり、どのような症状であっても日常生活に大きな支障をきたすものがほとんどです。当サイトでは下肢機能障害の症状や種類、等級について、治療法やリハビリ方法、また加害者への賠償請求について紹介します。