日常生活に支障をきたす

下肢機能障害とはどのような症状であっても日常生活に大きな支障をきたすものです。下肢機能障害となった場合、明確な治療法がないためにリハビリが今後を大きく左右することになります。リハビリの費用については交通事故によって自分が被害者となり、下肢機能障害と診断された場合においては加害者側に裁判を通して請求することができます。また自分が加入している保険によってはリハビリの費用を保証していることもあります。

下肢機能障害と診断された場合、症状によってはリハビリを行うことによって改善することがあります。まずは自分の症状がどの程度であるかを把握し、リハビリによって症状が少しでも改善できる場合は医者と相談してからリハビリを行ってみてはいかがでしょうか。費用については保険が適用されるかを確認したり、場合によっては弁護士を利用して加害者側にリハビリの費用を請求しましょう。

またリハビリによる症状の回復が見込めない場合は裁判を通して加害者側に慰謝料請求を行いましょう。まずは被害を受けた際には医者と相談し、加害者側に請求が必要となった場合はまずは弁護士へ相談しましょう。弁護士へ交通事故後遺症の無料相談サービスを利用するのも手の一つです。

下肢機能障害って?

下肢機能障害とは下肢や関節の用を廃している状態、関節の機能に障害を残している状態などのことを言います。下肢の用を配している状態は、股関節・ひざ関節・足関節、足指の4つの部分が完全に強直したもの、またはこれに近いものを言います。

つまり完全にこれら4つの関節が動かなくなったか、それ近い状態であるものを言います。関節の機能に障害を残している状態とは関節が強直したもの、関節の完全弛緩性麻痺またはこれに近い状態にあるもの、そして工関節・人工骨頭をそう入置換した関節に対して、その可動域が健側の可動域角度の半分以下に制限されているもの、を言います

関節が完全に強直したもの、とは関節の完全強直またはこれに近い状態にあるものをいいます。関節の完全弛緩性麻痺あるいは相似的な状態にあるもの、または末梢神経損傷などによって筋緊張がなくなり関節を完全に動かせなくなった状態であること言います。人工骨頭・工関節をそう入置換した関節に対して,その可動域が健側の可動域角度の半分以下に制限されているもの、とは工関節・人工骨頭にした場合には,最低でも「関節の機能に著しい障害を残すもの」に該当しますが、これに加えて可動域角度が半分以下に制限された状態であることを言います。

交通事故の後遺障害と向き合う

平成28年における日本の交通事故の発生数は49万件という膨大な件数となっています。これは1分間に1件発生している計算です。この中には死亡事故や重傷事故も含まれております。死亡事故や重傷事故はいつ、どこで、どのように起きるか分からないということがこの数字を見てお分かりいただけると思います。最近では車に事故の発生や被害を食い止める為の機能が備わっており、事故数は減少していると言われていますが、それでも年間49万件もの事故が発生しているのも事実です。どれだけ注意したり、高機能な自動車の力を借りたりしたとしても、このような事故は起こりえます。

また事故の発生の一番大きな原因は人のミスによるものであるため、どれだけ機械が発展しようと交通事故そのものを食い止めることはできないと思います。交通事故は必ず何らかの被害が出ます。亡くなることや重傷や軽傷を負うことは避けられません。また事故後の後遺症の発生もあります。下肢機能障害という単語を聞いたことや目にしたことがあるでしょうか。

これは事故によって下肢と呼ばれる股関節・ひざ関節・足関節、足指の4つの部分に機能障害を持つことです。この障害は交通事故の重傷事故によって引き起こされることが多くあり、どのような症状であっても日常生活に大きな支障をきたすものがほとんどです。当サイトでは下肢機能障害の症状や種類、等級について、治療法やリハビリ方法、また加害者への賠償請求について紹介します。